m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

米成人の睡眠障害率7.1%、死亡リスク増加と関連

2020年8月10日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患一般外科疾患

米国で2009-10年の国民健康栄養調査(NHANES)と2015年の国民死亡記録(NDI)のデータを基に、成人(平均年齢46.1歳)の睡眠障害の有病率と全死因死亡との関連性を横断解析で検討した。その...

文献:Huyett P, et al. Prevalence of Sleep Disorders and Association With Mortality: Results From the NHANES 2009-2010. Laryngoscope. 2020 Jul 18. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。