m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早産児のRSウイルス感染予防にnirsevimabが有効

2020年8月12日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患感染症投薬に関わる問題

在胎29-34週で出生した健康な乳児1453例を対象に、半減期延長型RSウイルス(RSV)モノクローナル抗体nirsevimabの有効性および安全性をプラセボ対照試験で検討。RSウイルス感染流行シーズ...

文献:Griffin MP, et al. Single-Dose Nirsevimab for Prevention of RSV in Preterm Infants. N Engl J Med. 2020 Jul 30. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。