m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

CRP値で大腸切除後の吻合部漏出予測

2020年8月14日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

吻合術を伴う待機的大腸切除術施行患者833例を対象に、既発表論文で示されたC反応性蛋白(CRP)値の変化による吻合部漏出予測能の外的妥当性を前向き観察研究で検討(PREDICT試験)。CRP値は術前お...

文献:Stephensen BD, et al. C-reactive protein trajectory to predict colorectal anastomotic leak: PREDICT Study. Br J Surg. 2020 Jul 16. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。