m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

多発性硬化症、オファツムマブで有意に再発抑制

2020年8月19日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

再発性多発性硬化症(RMS)患者を対象に、オファツムマブ皮下投与とピリミジン合成阻害薬teriflunomide経口投与の効果を同一デザインの二重盲検ダブルダミー第III相試験2件で比較した(ASCL...

文献:Hauser SL, et al. Ofatumumab versus Teriflunomide in Multiple Sclerosis. N Engl J Med. 2020 Aug 6. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。