m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠初期の抗うつ薬で児の先天性異常リスク増加

2020年8月27日  ソース:JAMA Psychiatry  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

先天性異常児の母親3万630人、健常児の母親1万1478人を対象に、妊娠初期の母親の抗うつ薬使用と児の先天性異常リスクの関連を集団ベース症例対照研究で検討(NationalBirthDefectsPr...

文献:Anderson KN, et al. Maternal Use of Specific Antidepressant Medications During Early Pregnancy and the Risk of Selected Birth Defects. JAMA Psychiatry. 2020 Aug 5. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。