m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

エピトープ特異的IgE併用でピーナツアレルギー予測改善

2020年8月30日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患

ピーナツアレルギー高リスク乳児293例の検体を対象に、エピトープ特異的(es)IgEおよびesIgG4抗体の発現プロファイルで4歳以降のピーナッツアレルギー発症を予測できるかを検討。検体は生後3-15...

文献:Suprun M, et al. Early epitope-specific IgE antibodies are predictive of childhood peanut allergy. J Allergy Clin Immunol. 2020 Aug 11. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。