m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

腰以外の筋骨格系障害による急性疼痛、局所NSAIDが純便益最大

2020年9月2日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患救急投薬に関わる問題

腰以外の筋骨格系障害(捻挫、むち打ち損傷、筋挫傷など)による急性疼痛に用いる外来治療法の有効性をネットワークメタ解析で比較。無作為化試験207件(患者計3万2959例、45通りの治療法)を対象とした。...

文献:Busse JW, et al. Management of Acute Pain From Non-Low Back Musculoskeletal Injuries: A Systematic Review and Network Meta-analysis of Randomized Trials. Ann Intern Med. 2020 Aug 18. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。