m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

BRAF変異胆道がんにダブラフェニブ+トラメチニブが有望

2020年9月8日  ソース:Lancet Oncol  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題その他

全身治療歴があり切除不能のBRAFV600E遺伝子変異陽性胆道がん患者43例を対象に、ダブラフェニブ+トラメチニブ併用療法の抗腫瘍活性と安全性を第II相非盲検単群バスケット試験で検討(ROAR試験)。...

文献:Subbiah V, et al. Dabrafenib plus trametinib in patients with BRAFV600E-mutated biliary tract cancer (ROAR): a phase 2, open-label, single-arm, multicentre basket trial. Lancet Oncol. 2020 Aug 17. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。