m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新規診断T-ALLにABFM療法+ネララビンでDFS改善

2020年9月11日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患小児科疾患投薬に関わる問題

新たにT細胞性急性リンパ性白血病(T-ALL)の診断を受けた患者1562例(1-31歳)を対象に、増強ベルリン-フランクフルト-ミュンスター(ABFM)化学療法へのネララビンの上乗せ効果を第III相無...

文献:Dunsmore KP, et al. Children’s Oncology Group AALL0434: A Phase III Randomized Clinical Trial Testing Nelarabine in Newly Diagnosed T-Cell Acute Lymphoblastic Leukemia. J Clin Oncol. 2020 Aug 19. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。