m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

エリスロポエチンで超早産児の輸血実施率低下

2020年9月16日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

米国でエリスロポエチン(EPO)による超早産児の神経保護作用を評価したPENUT試験の事後解析を実施し、EPOで輸血の必要性が低下するかを検討。PENUT試験では、在胎24-27週で出生した新生児93...

文献:Juul SE, et al. Effect of High-Dose Erythropoietin on Blood Transfusions in Extremely Low Gestational Age Neonates: Post Hoc Analysis of a Randomized Clinical Trial. JAMA Pediatr. 2020 Aug 17. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。