m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

吸入モルグラモスチムで自己免疫性肺胞蛋白症の肺ガス交換能改善

2020年9月17日  ソース:NEJM  カテゴリ: 呼吸器疾患投薬に関わる問題

自己免疫性肺胞蛋白症(aPAP)患者138例を対象に、遺伝子組換え顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)モルグラモスチムの効果を二重盲検プラセボ対照3群間比較試験で検討。被験者をモルグラ...

文献:Trapnell BC, et al. Inhaled Molgramostim Therapy in Autoimmune Pulmonary Alveolar Proteinosis. N Engl J Med. 2020 Sep 7. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。