m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

多発性骨髄腫の導入療法、カルフィルゾミブ3剤併用 vs. 標準療法

2020年9月20日  ソース:Lancet Oncol  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

米国で新たに診断を受けた18歳以上の多発性骨髄腫患者1087例を対象に、カルフィルゾミブ+レナリドミド+デキサメタゾン(KRd)とボルテゾミブ+レナリドミド+デキサメタゾン(VRd、標準療法)の導入療...

文献:Kumar SK, et al. Carfilzomib or bortezomib in combination with lenalidomide and dexamethasone for patients with newly diagnosed multiple myeloma without intention for immediate autologous stem-cell transplantation (ENDURANCE): a multicentre, open-label, phase 3, randomised, controlled trial. Lancet Oncol. 2020 Aug 28. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。