m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

強迫性障害の治療効果、fMRIで予測可能

2020年9月26日  ソース:Am J Psychiatry  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患一般外科疾患検査に関わる問題

12-45歳の強迫性障害(OCD)患者87例を対象に、認知行動療法(CBT)の効果と脳活動の関連を12週間の無作為化試験で検討。被験者をCBT群とストレスマネジメント療法(SMT)群に無作為に割り付け...

文献:Norman LJ, et al. Treatment-Specific Associations Between Brain Activation and Symptom Reduction in OCD Following CBT: A Randomized fMRI Trial. Am J Psychiatry. 2020 Aug 28. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。