m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

爪真菌症の光線力学療法に用いる光感受性物質2種を比較

2020年9月27日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 皮膚疾患

軽症ないし中等症の足指爪真菌症患者20例を対象に、光線力学療法(PDT)に使用する光感受性物質メチレンブルー(MB)とアミノレブリン酸メチル(MAL)の短期的および中期的治療効果を無作為化試験で比較。...

文献:Alberdi E, et al. Methylene blue vs. methyl aminolevulinate photodynamic therapy in the treatment of mild-to-moderate toenail onychomycosis: short and medium-term effects. Dermatol Ther. 2020 Sep 5. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。