m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

寝る前のSNS、睡眠と気分への悪影響見られず

2020年9月29日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患一般外科疾患

大学生101人(平均年齢19.70歳)を対象に、就寝前のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)利用が睡眠および精神的健康に及ぼす影響を経験サンプリング法で検討した。参加者はスマートフォンのア...

文献:Das-Friebel A, et al. Bedtime social media use, sleep, and affective wellbeing in young adults: an experience sampling study. J Child Psychol Psychiatry. 2020 Sep 14. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。