m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

青少年期のSSRI治療で糖尿病リスクわずかに上昇

2020年10月1日  ソース:JAMA Psychiatry  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患精神科疾患投薬に関わる問題

米国の公的保険(MedicaidAnalyticeXtract、2000-14年)と民間保険(IBMMarketScan、2003-15年)のデータベースを基に、青少年の選択的セロトニン再取り込み阻害...

文献:Sun JW, et al. Association of Selective Serotonin Reuptake Inhibitors With the Risk of Type 2 Diabetes in Children and Adolescents. JAMA Psychiatry. 2020 Sep 2. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。