m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

片頭痛のerenumab、市販後研究で中止率の高さ確認

2020年10月2日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

頭痛専門クリニックの患者101例を対象に、抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)受容体モノクローナル抗体erenumab注射の実際の効果を市販後後ろ向き観察研究で評価した。erenumab投与6...

文献:Robblee J, et al. Real-World Patient Experience With Erenumab for the Preventive Treatment of Migraine. Headache. 2020 Sep 13. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。