m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

強迫性障害疑いの小児は視床が大きい

2020年10月5日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患脳神経外科疾患

一般住民対象の出生コホート研究(GenerationRstudy)に参加した9-12歳小児2551例を対象に、強迫性症状および強迫性障害(OCD)と脳の形態との関連を検討。強迫性症状の評価に簡易版の強...

文献:Weeland CJ, et al. Brain Morphology Associated With Obsessive-Compulsive Symptoms In 2,551 Children From the General Population. . [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。