m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

MERSにIFNβ-1b+ロピナビル・リトナビルで死亡率低下

2020年10月11日  ソース:NEJM  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症

サウジアラビアの9施設で、臨床検査で中東呼吸器症候群(MERS)が確認された入院患者95例を対象に、遺伝子組換え型インターフェロン(IFN)β-1bとロピナビル・リトナビル併用の効果を検討する無作為化...

文献:Arabi YM, et al. Interferon Beta-1b and Lopinavir-Ritonavir for Middle East Respiratory Syndrome. N Engl J Med. 2020 Oct 7. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。