m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HPVワクチン接種で浸潤性子宮頸がんリスクが大幅に低下

2020年10月12日  ソース:NEJM  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患感染症

スウェーデンの人口統計と保健に関する全国登録簿を用いて、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種と浸潤性子宮頸がんリスクの関連性を検討。2006-2017年に登録された10-30歳の女児および女性...

文献:Lei J, et al. HPV Vaccination and the Risk of Invasive Cervical Cancer. N Engl J Med. 2020 Oct 1. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。