m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

10代のスポーツ関連脳振盪の診断に瞳孔対光反射が有用

2020年10月14日  ソース:JAMA Ophthalmol  カテゴリ: 一般外科疾患脳神経外科疾患眼科疾患救急検査に関わる問題

スポーツ関連脳振盪(SRC)の診断を受けた12-18歳の運動選手98例と健常対照者134例を対象に、脳振盪の生理学的バイオマーカーとしての瞳孔対光反射(PLR)の有用性を前向きコホート研究で検討。瞳孔...

文献:Master CL, et al. Utility of Pupillary Light Reflex Metrics as a Physiologic Biomarker for Adolescent Sport-Related Concussion. JAMA Ophthalmol. 2020 Sep 24. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。