m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

出生前アセトアミノフェン曝露でADHDリスク上昇

2020年10月15日  ソース:JAMA Pediatr  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患脳神経外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

カナダの小児345例を対象とした出生コホート研究で、胎便を用いて測定した出生前アセトアミノフェン曝露と児の6-7歳時の注意欠陥多動性障害(ADHD)を検討した。その結果、199例(57.7%)の胎便か...

文献:Baker BH, et al. Association of Prenatal Acetaminophen Exposure Measured in Meconium With Risk of Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder Mediated by Frontoparietal Network Brain Connectivity. JAMA Pediatr. 2020 Sep 28. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。