m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

原発性虫垂腫瘍の腹腔鏡手術、開腹術と生存率に差なし

2020年10月15日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

日本の三次病院43施設で、2000-17年に原発性虫垂腫瘍の診断を受けた患者を対象に、腹腔鏡手術と開腹手術の長期転帰を後ろ向きコホート研究で検討。傾向スコアを用いてマッチさせた開腹手術群114例と腹腔...

文献:Inoue A, et al. Open versus laparoscopic surgery for primary appendiceal tumors: a large multicenter retrospective propensity score-matched cohort study in Japan. Surg Endosc. 2020 Sep 29. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。