m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

COVID-19患者、腹臥位で挿管リスク改善せず

2020年10月16日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症救急

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による急性呼吸不全で経鼻高流量酸素療法(HFNO)を実施した入院患者199例を対象に、患者体位を意識下腹臥位にした場合の挿管リスク回避効果を前向き多施設リス...

文献:Ferrando C, et al.Awake prone positioning does not reduce the risk of intubation in COVID-19 treated with high-flow nasal oxygen therapy: a multicenter, adjusted cohort study. Crit Care. 2020 Oct 6;24(1):597.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。