m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

潜因性脳卒中、高解像度血管壁イメージングでプラーク検出

2020年10月22日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 脳神経外科疾患その他

潜因性脳卒中(cryptogenicstrokes)の診断を受け通常の画像診断で頭蓋内動脈障害が疑われる患者38例を対象に、高解像度血管壁イメージング(HR-VWI)を実施。7THR-VWIで症候性ア...

文献:Fakih R, et al. Detection and Quantification of Symptomatic Atherosclerotic Plaques With High-Resolution Imaging in Cryptogenic Stroke. Stroke. 2020 Oct 1. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。