m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

良性疾患での子宮摘出、手術時間延長でVTEリスク上昇

2020年10月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患産婦人科疾患

米国外科学会の手術の質改善プログラムデータベースに登録された子宮良性疾患で子宮摘出術を施行した患者7万606例を対象に、手術時間による術後の静脈血栓塞栓症(VTE)リスクへの影響を二次解析で検討した。...

文献:Moulder JK, et al. Effect of Length of Surgery on the Incidence of Venous Thromboembolism after Benign Hysterectomy. Am J Obstet Gynecol. 2020 Oct 8. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。