m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

潰瘍性大腸炎のcobitolimod、P2bの結果良好

2020年10月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

中等症ないし重症の左側潰瘍性大腸炎患者211例を対象に、Toll様受容体9(TLR9)を活性化するcobitolimodの有効性と安全性を第IIb相無作為化二重盲検用量範囲探索試験で検討した(COND...

文献:Atreya R, et al. Cobitolimod for moderate-to-severe, left-sided ulcerative colitis (CONDUCT): a phase 2b randomised, double-blind, placebo-controlled, dose-ranging induction trial. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2020 Oct 5. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。