m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

衝動制御障害があるPD患者の6割にアパシー

2020年10月27日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

単施設で特発性パーキンソン病(PD)患者887例のデータを収集し、アパシー(意欲の低下、無関心)と衝動制御障害(ICD)が意欲症状の両極にある独立した症状かを経験的に検証。アパシー、ICD、不安、うつ...

文献:Scott BM, et al. Co-occurrence of apathy and impulse control disorders in Parkinson's disease. Neurology. 2020 Oct 1. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。