m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

超低リスクALL患児は低強度治療が奏効

2020年11月7日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患小児科疾患投薬に関わる問題

寛解導入療法19日目と終了時に臨床病理学所見が良好で、骨髄中の微小残存病変(MRD)が0.01%未満だったB細胞急性リンパ芽球性白血病(B-precursorALL)患児200例を対象に、MRD0.0...

文献:Sidhom I, et al. Reduced-intensity therapy of pediatric lymphoblastic leukemia: Impact of residual disease early in remission induction. Blood. 2020 Oct 8. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。