m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児の輸液療法、市販の等張液で電解質障害リスク上昇

2020年11月12日  ソース:JAMA Pediatr  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患小児科疾患一般外科疾患救急

急性疾患の小児(生後6カ月-12歳)614例を対象に、市販の等張液を用いた輸液療法の電解質障害リスクを無作為化臨床試験で検討。対象患児を市販の等張液(5%ブドウ糖溶液中にナトリウム140mmol/Lお...

文献:Lehtiranta S, et al. Risk of Electrolyte Disorders in Acutely Ill Children Receiving Commercially Available Plasmalike Isotonic Fluids: A Randomized Clinical Trial. JAMA Pediatr. 2020 Oct 26. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。