m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

治療のICER、費用対効果の閾値は推定10万4000ドル/QALY

2020年11月12日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

米国で、治療の費用対効果が高いと考えられる1QALY(質調整生存年)獲得当たりの増分費用効果比(ICER)の閾値を推定すべく、民間健康保険を直接購入した米国人10万人のコホートでシミュレーションを実施...

文献:Vanness DJ, et al. A Health Opportunity Cost Threshold for Cost-Effectiveness Analysis in the United States. Ann Intern Med. 2020 Nov 3. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。