m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

転移性RCC、ニボルマブ+イピリムマブで奏効率改善せず

2020年11月13日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

免疫チェックポイント阻害薬(ICI)を用いた治療歴がない転移性腎細胞がん(RCC)患者69例を対象に、奏効結果に基づくICI治療戦略を第II相アダプティブ試験で検討した(OMNIVORE試験)。追跡期...

文献:McKay RR, et al. Optimized Management of Nivolumab and Ipilimumab in Advanced Renal Cell Carcinoma: A Response-Based Phase II Study (OMNIVORE). J Clin Oncol. 2020 Oct 27. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。