m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

炎症性腸疾患患者は慢性副鼻腔炎発症リスクが高い

2020年11月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患耳鼻咽喉科疾患

台湾全民健康保険データに登録された炎症性腸疾患(IBD)成人患者8313例と年齢、性別などでマッチさせた対照者3万3252例を対象に、IBD患者の慢性副鼻腔炎発症リスクを全国集団ベース研究で検討した。...

文献:Lin YH, et al. Adults with inflammatory bowel disease are at a greater risk of developing chronic rhinosinusitis: A nationwide population-based study. Clin Otolaryngol. 2020 Sep 4. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。