m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

子宮体がんのTC療法、トラスツズマブ併用で費用対効果増加

2020年11月16日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 産婦人科疾患投薬に関わる問題

HER2/neu陽性進行・再発子宮体部漿液性腺がん(UPSC)4000例の理論コホートを用いて、カルボプラチン+パクリタキセル(TC療法)へのトラスツズマブ追加による費用対効果を評価。1QALY獲得当...

文献:Batman S, et al. Trastuzumab with carboplatin/paclitaxel for treatment of advanced stage and recurrent uterine papillary serous carcinoma: A cost-effectiveness analysis. Gynecologic Oncology. 2020 Oct 22. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。