m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

フランスの経皮的腎生検後の大出血率5%

2020年11月21日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患検査に関わる問題

2010-18年にフランスで経皮的腎生検を実施した5万2138例の患者を対象に、生検後の大出血リスクを後ろ向きコホート研究で検討。輸血、出血または血腫、血管造影介入、腎摘出を大出血と定義した。その結果...

文献:Halimi JM, et al. Major Bleeding and Risk of Death after Percutaneous Native Kidney Biopsies: A French Nationwide Cohort Study. Clin J Am Soc Nephrol. 2020 Oct 15. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。