m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

COVID-19診断が精神疾患診断の危険因子

2020年11月24日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患精神科疾患感染症

米国54施設の電子カルテネットワーク(匿名化患者データ計6980万例)を用いて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診断が精神疾患診断増加の危険因子となるかを後ろ向きコホート研究で評価した。そ...

文献:Taquet M, et al. Bidirectional associations between COVID-19 and psychiatric disorder: retrospective cohort studies of 62 354 COVID-19 cases in the USA. Lancet Psychiatry. 2020 Nov 9. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。