m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

POMC・LEPR欠損肥満の治療にsetmelanotideが有望

2020年11月26日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患小児科疾患投薬に関わる問題その他

プロオピオメラノコルチン遺伝子(POMC)またはレプチン受容体(LEPR)欠損による重度肥満患者を対象に、メラノコルチン4受容体(MC4R)作動薬setmelanotideの有効性と安全性を単群非盲検...

文献:Clément K, et al. Efficacy and safety of setmelanotide, an MC4R agonist, in individuals with severe obesity due to LEPR or POMC deficiency: single-arm, open-label, multicentre, phase 3 trials. Lancet Diabetes Endocrinol. 2020 Oct 30. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。