m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鉄静注で急性心不全の再入院率低下

2020年11月28日  ソース:Lancet  カテゴリ: 循環器疾患血液疾患一般外科疾患救急投薬に関わる問題

鉄欠乏症を伴う左室駆出率50%未満の急性心不全入院患者1110例を対象に、退院前のカルボキシマルトース第二鉄(鉄剤)静注の効果を二重盲検無作為化比較試験で検討した(AFFIRM-AHF試験)。1108...

文献:Ponikowski P, et al. Ferric carboxymaltose for iron deficiency at discharge after acute heart failure: a multicentre, double-blind, randomised, controlled trial. Lancet. 2020 Nov 12. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。