m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

mRCCのICI治療、PD-L1の有無で転帰予測可能

2020年11月30日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

免疫チェックポイント阻害薬(ICI)治療を受けている転移性腎細胞がん(mRCC)患者で、プログラム細胞死リガンド1(PD-L1)の有無別の腫瘍学的転帰予測能を既発表研究6件の系統的レビューおよびメタ解...

文献:Mori K, et al. The Predictive Value of Programmed Death Ligand 1 in Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma Treated with Immune-checkpoint Inhibitors: A Systematic Review and Meta-analysis. Eur Urol. 2020 Nov 7. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。