m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

産前産後の重度心血管疾患予測モデルが精度良好

2020年11月30日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 循環器疾患産婦人科疾患

分娩入院8万9681件を対象とした後ろ向きコホート研究で、分娩時と分娩後退院してからの母体の重度心血管疾患(肺水腫/急性心不全、心筋梗塞、動脈瘤、心停止/心室細動など)罹患率を予測するモデルを開発し、...

文献:Malham é I, et al. Cardiovascular severe maternal morbidity in pregnant and postpartum women: development and internal validation of risk prediction models. BJOG. 2020 Sep 18. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。