m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児の化学療法誘発性嘔吐にオランザピンが有効

2020年11月30日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患小児科疾患投薬に関わる問題

高度催吐性リスク化学療法(HEC)の初回サイクル実施予定の患児240例(5-18歳)を対象に、オランザピンによる化学療法誘発性悪心・嘔吐(CINV)の予防効果を医師主導無作為化非盲検試験で検討。全例に...

文献:Naik RD, et al. Olanzapine for Prevention of Vomiting in Children and Adolescents Receiving Highly Emetogenic Chemotherapy: Investigator-Initiated, Randomized, Open-Label Trial. J Clin Oncol. 2020 Nov 10. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。