m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

白内障合併POAG、マイクロステント留置の3年転帰良好

2020年12月1日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

白内障を併発した原発開放隅角緑内障(POAG)患者556例556眼を対象にシュレム管マイクロステント(商品名Hydrus)留置の効果を検証した多施設無作為化臨床試験(HORIZON試験)の3年転帰を報...

文献:Ahmed IIK, et al. Three-year findings of the HORIZON trial: a Schlemm canal microstent for pressure reduction in primary open angle glaucoma and cataract. Ophthalmology. 2020 Nov 6. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。