m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

高齢者がスタチンの便益を得るには2.5年必要

2020年12月4日  ソース:JAMA Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

ガイドラインでは、介入から便益が得られるまでの時間(timetobenefit:TTB)よりも平均余命が長い高齢者に一次予防を実施することを推奨している。そこで、50-75歳の男女の一次予防を目的とし...

文献:Yourman LC, et al. Evaluation of Time to Benefit of Statins for the Primary Prevention of Cardiovascular Events in Adults Aged 50 to 75 Years: A Meta-analysis. JAMA Intern Med. 2020 Nov 16. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。