m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ビタミンD不足で下部尿路症状リスク上昇

2020年12月4日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患産婦人科疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

下部尿路症状とビタミンDの不足や摂取との関連を系統的レビューとメタ解析で検討。試験23件(対象8万6332例)を対象とした。その結果、ビタミンD不足で下部尿路症状発症の確率が1.37-2.06倍になり...

文献:Yuan P, et al. Systematic Review and Meta-Analysis of the Association Between Vitamin D Status and Lower Urinary Tract Symptoms. J Urol. 2020 Nov 18. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。