m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

滲出型AMD治療薬abicipar、投与2年後の有効性確認

2020年12月16日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患投薬に関わる問題

治療歴がない滲出型加齢黄斑変性(nAMD)患者1888例1888眼を対象に、抗血管内皮増殖因子(VEGF)薬abicipar投与2年後の有効性および安全性を第III相無作為化臨床試験2件で検討した(C...

文献:Khurana RN, et al. Two-Year Results of the Phase 3 Randomized Controlled Study of Abicipar in Neovascular Age-Related Macular Degeneration. Ophthalmology. 2020 Nov 19. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。