m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ビタミンD欠乏でマウス雄胎児の脳内テストステロン増加

2021年1月2日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患産婦人科疾患

ビタミンD欠乏食または非欠乏食で飼育された雌ラットとその胎児の動物モデルを用いて、自閉症スペクトラム障害(ASD)の危険因子、である胎児期のビタミンD欠乏と行動異常の原因とされる性ステロイドホルモン(...

文献:Ali AA, et al. Developmental vitamin D deficiency increases foetal exposure to testosterone. Mol Autism. 2020 Dec 10; 11(1): 96.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。