m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

開放骨折、デブリードマン遅延時間と感染リスクの関連

2021年1月2日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患感染症

開放骨折治療に関する観察研究84件(対象1万8239例)のデータを基に、デブリードマン実施のタイミングと感染リスクの関連性を大規模メタ解析で検討した。その結果、遅延施行閾値と早期施行閾値を比較した未調...

文献:Foote CJ, et al. A Reevaluation of the Risk of Infection Based on Time to Debridement in Open Fractures: Results of the GOLIATH Meta-Analysis of Observational Studies and Limited Trial Data. J Bone Joint Surg Am. 2020 Dec 11. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。