m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

全身型JIAのカナキヌマブ、寛解後に漸減可能

2021年1月5日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: リウマチ小児科疾患整形外科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

全身型若年性特発性関節炎(JIA)の小児182例を対象に、臨床的完全寛解を維持するためのカナキヌマブ単独療法漸減レジメンの有効性と安全性を2つのパートから成る第IIIb/IV相非盲検無作為化試験で評価...

文献:Quartier P, et al. Tapering Canakinumab Monotherapy in Patients With Systemic Juvenile Idiopathic Arthritis in Clinical Remission: Results From a Phase IIIb/IV Open-Label, Randomized Study. Arthritis Rheumatol. 2020 Aug 11. Online ahead of print

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。