m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

パーキンソン病の運動症状に集束超音波視床下核破壊術が有効

2021年1月9日  ソース:NEJM  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患

パーキンソン病で症状に著明な非対称性があり、薬物療法で完全に改善しない運動症状がある患者または脳深部刺激術の適応とならない患者計40例を対象に、集束超音波視床下核破壊術の有効性を無作為化比較試験で検討...

文献:Mart ínez-Fern ández R, et al. Randomized Trial of Focused Ultrasound Subthalamotomy for Parkinson’s Disease. N Engl J Med. 2020 Dec 24;383(26):2501-2513.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。