m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

カプセル内視鏡の病変検出力は大腸CT検査と同等以上

2021年1月10日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題その他

平均的リスクを有する50-75歳の大腸がん検査受診者286例を対象に、大腸カプセル内視鏡検査(CCE)と大腸CT検査(CTC)の大腸新生物検出精度を多施設前向き無作為化試験で検証した(TOPAZ試験)...

文献:Cash BD, et al. Multicentre, prospective, randomised study comparing the diagnostic yield of colon capsule endoscopy versus CT colonography in a screening population (the TOPAZ study). Gut Dec 2020, gutjnl-2020-322578.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。